r7L1aBJfeEvqjuu1460570065_1460570097

あなたが最小ワードローブを揃えられるようになるまでの全手順

少ない服で着回ししたい!という人必見

 

雑誌などでよくみる1ヶ月間まるまる着回しコーデ。あんな風に自分も少ない服で着回ししたい!と思う人は多いはず。ですが、これが意外と難しい。事実、少ない服で着回ししたい!と思っていても、なにをどうすればいいのかわからないという人は多数いらっしゃいます。そんな人のために、今回は誰でも自分にぴったりの最小ワードローブを揃えるための全手順を公開します。

1、「少ない服でたくさん着回す」を叶える最小ワードローブ

少ない服でたくさん着回したい!

こう願う人は多いはず。毎朝、コーディネートに悩む時間がなくなりますし、おさいふにもやさしく、効率的におしゃれを楽しめます。それを叶えるのが最小ワードローブ。着回しのパターンから考えることで、もっとも少ない服で最大限着回すことができます。

でも、最小ワードローブを揃えるのってけっこう難しいんですよね。

少ない服でたくさん着回したいと思いつつも、結局なにをどうしたらいいかわからなくなっている人が大勢います。

2、最小ワードローブは人によって全く異なる

最小ワードローブを揃えるにはあなただけの基準が必要です。

今の自分の年齢や状況、世帯構成、職業やプラーベートの時間配分、などに始まり、自分がなにが好きなのか、人からどう見られたいのか、苦手な色やテイスト、休日の過ごし方

といった詳細な情報をもとに、揃えていく必要があります。それらは雑誌やテレビでは伝えられないし、ブロガーのワードローブをマネしても、あなたにとっての最適かどうかはわかりません。

ほんとうはアドバイザーが直接ヒアリングし、ワードローブを拝見し、その人に合う最小ワードローブを提案できればそれが一番いいのですが、今回はできるだけ多くの人に有益な情報を届けたいと思っています。「手順通りにやれば誰でも自分だけの最小ワードローブを揃えられる」というノウハウを公開します。1人でも多く、困っている人に役立ててもらえれば幸いです。

3、最小ワードローブを揃えるまでの全手順

引用:https://jp.pinterest.com/pin/335658978455183268/

最小ワードローブを揃えるまでの全手順を公開します。1つずつ丁寧に進めていってください。自分にぴったりの最小ワードローブを揃えましょう。

3−1、日頃着ている服と靴をピックアップする

普段からよく着ている服をピックアップしてください。

  • トップス 3〜4枚
  • ボトムス 3〜4枚
  • ワンピース、オールインワン 1、2枚
  • 羽織もの 1、2枚
  • 靴 3種類

程度で取り出します。できるだけシンプルでベーシックなアイテムを揃えるとコーディネートが考えやすいです。

このとき基本のワードローブを揃えておくと便利。

参考:1年中使える!着回し力抜群の基本のワードローブ6選

3−2、それらでできるコーディネートをできるだけ多く考える

よく着ている服をもとに、できるだけたくさんのコーディネートを考えていきます。

コーディネートを考えるときは、かけ算で考えるとやりやすいです。

たとえば、トップス3つ、ボトムス3つだった場合、

トップス3つに対し、どのボトムスでもコーデできるように考えていきます。3×3が成立するようにします。

白シャツ、Tシャツ、カットソーという3つのトップスがあるとしたら、ボトムスはどれと組み合わせても似合うものを揃えます。

たとえば、デニム、タイトスカート、ガウチョパンツ、といった具合。

これなら

白シャツ×デニム、白シャツ×タイトスカート、白シャツ×ガウチョパンツのコーデが成り立ちます。ほかのトップスでも同様。こういった具合で、かけ算のようにして組み合わせをつくってみてください。

詳しくはこちら。1年間最小ワードローブを考えて得た”着回し力のあるラインナップ”をつくる法則

①色のバランスを考えながらコーディネート

ピックアップした服がモノトーンばかり、という人もいらっしゃるかと思います。

そういうときは意図的に、ピックアップしなかった服の中から有彩色をいれていきましょう。

全体のバランスとしては 無彩色+2色 くらいがちょうどいいです。

配色がよくわからない!という人はこちらをどうぞ。1番わかりやすい!おしゃれな最小ワードローブをつくる色の法則

②生活シーンを思い浮かべながら、それ専用のコーデをつくる

仕事が中心の人、友人とのランチが多い人、飲み会が多い人、休日はアクティブに過ごす人、図書館や美術館に行く人、デートが多い人、パーティーや交流会が多い人、などなど、その人によって生活のスタイルは異なります。

コーディネートをつくるときは、生活のどのシーン用のコーデなのかを考えながらつくっていきましょう。

参考:ワードローブづくりで女性が考えるべき生活シーンは主に4つに分けられます!

3−3、コーディネートに使った服だけを残し、残りの服は別に保管する

コーディネートに使った服だけを残しし、ほかの服はわかるように別に保管してください。

衣装ケースなどにまとめておくとわかりやすいです。

3−4、その状態で生活してみる

ピックアップした10〜15着程度でできるだけ長く生活します。

1ヶ月以上過ごしてみましょう。

必要なものがあれば保管箱から足す(むやみに購入はしない)

10〜15着ほどの服で、もし足りないときは保管箱から取り出してください。

このときむやみに買い足さないでください。保管箱になかったを確認して、欲しいものがないことが確認できたら購入を検討しましょう。

3−5、1、2ヶ月過ごしてみて、手をつけなかった服の処分を考える

箱の中を確認し、取り出すという作業はけっこう面倒なものです。でも、そういった面倒な作業をしてでも取り出したかった服は、あなたにとって必要な服。逆に言えば、取り出さなかった服は、今後も取り出すことはありません。

1、2ヶ月過ごしてみて手をつけなかった服は処分を考えましょう。

こちらの記事を参考にどうぞ。今度こそ「捨てる!」あなたの家にある大量の着ない服を捨てる方法

※冠婚葬祭用、1年に1度使うような服や靴は含みません。

4、誰でもあなたにぴったりの最小ワードローブを揃えられる

これが最小ワードローブを揃える全手順です。このステップを踏んでいくと誰でも簡単にワードローブを揃えられます。

ぜひ試してみてください。