2018年版!この冬の10着ワードローブ&捨てたもの【年末の大整理】

snow-man-2955780_640 着回しワードローブ
2017年、もう残りわずかです! クリスマスや忘年会、新年会にバレンタインなどイベントが続く冬がやってきました。カジュアルからフォーマルまでさまざまな場面があると思いますが、さて、この冬あなたはワードローブに何を組み込みますか? 毎度1シーズンを着回しする10アイテムをご紹介してきましたが、今回もお仕事もプライベートもこれで大丈夫!なオンとオフとあわせて10着ワードローブのラインナップをご紹介します!オフィスシーンもオフの休日もOKな冬のワードローブ♪ 年末年始のセールの前にぜひ参考にしてみてください!

まるごとぐるっとそのまま使ってOK!2018年冬の10着ワードローブ・ラインナップはこちら

この冬用に揃えた10着ワードローブがこちら。春先まで使えるようにトップスとボトムスを数点買い足しました!
  1. 花柄ブラウス
  2. ローゲージニット(ラベンダー)
  3. タートルネックセーター(白)
  4. タックパンツ(ネイビー)
  5. タイトスカート(ブラック)
  6. ウエストリボンスカート(マスタードイエロー)
  7. ボーイフレンドデニム
  8. コート(ベージュ)
  9. パンプス(ブラック)
  10. ショートブーツ(ブラック)
秋から引き継ぎ、トップスとボトムスを数着買い足しました。白のタートルネックとイエローのスカート、ブラックのタイトスカートとローゲージニットと花柄ブラウスの5着です。ちなみに、これまでのシーズンごとのワードローブはこちらで▼ マネするだけでOK!着回しワードローブ10アイテム《2016冬〜2017秋》 それぞれ詳しく見ていきましょう。

2018冬のワードローブ①花柄ブラウス

  まだまだ冬のまっただ中ですが春まで使えるようにブラウスを購入。ブラックのタイトスカートを買ったのでそちらと合わせて使いたいなと思ってます。

2018冬のワードローブ②ローゲージニット(ラベンダー)

こちらもちょっと春初旬まで着られることを意識して購入。こちらも黒のタイトスカートと一緒に着回す予定です。ラベンダーとは言っても冬がメインなのでトーンを落とすと季節感が出て他のアイテムとも合わせやすくなるはず。

2018冬のワードローブ③タートルネックセーター(白)

今年の冬買い足したもの。ウエストインして着たいなと思い、マスタードイエローのウエストリボンスカートと合わせるために購入しました。白は膨張色ですが、はっきりとウエストマークするとそんなに気にならないと思います。

2018冬のワードローブ④タックパンツ(ライトグレー)

オフィス服としても、きちんと感を出したいときのオフの服としても万能なタックパンツ。腰回りがゆるいので着心地もらくちんです。年中着回せるボトムスですが、トップスがセーターになっても違和感無く着回せるはずです。

2018冬のワードローブ⑤タイトスカート(ブラック)

写真は別のものなんですがGUでいいやつがあったので購入。主に仕事とか、ちゃんとした場所用です。この服着だしてから、一気に大人っぽくなったねと言われるようになった気がします。大人っぽく見られたいときはひざ下タイトスカート着るといいですよ。

2018冬のワードローブ⑥ウエストリボンスカート(マスタードイエロー)

ウエストリボンのボトムスは、今は雑誌でも街中でもどこでも見るようになりました。今っぽい服装を楽しむならぜひ買い足したいアイテムです。ベーシックアイテムではなく、トレンドアイテムになるので落ち着いた色味よりもアクセントになるカラーを選んでみてはいかがでしょうか?

2018冬のワードローブ⑦ボーイフレンドデニム

スキニーデニムでもボーイフレンドデニムでもどちらでもOKですが、好きな方のデニムはぜひワードローブに入れておきたいところ。オフの日やカジュアルシーンがらくちんです。ボーイフレンドデニムの方がゆとりがある分、ストレスフリーに着られるのでおすすめです。

2018冬のワードローブ⑧チェスターコート(ベージュ)

コートはいろんな種類があるので迷いますよね。ただ、ベーシックでカジュアルなワードローブならチェスターコートがいいかもしれません。かっこいい着こなしにも、フェミニンな服装にもぴったり。カジュアルにもフォーマルにも使えるので、冬はチェスターコートが1着あればどこでも行けるはず。

2018冬のワードローブ⑨パンプス(ブラック)

基本のワードローブという記事を以前書かせていただきましたが、プレーンなデザインのブラックパンプスは本当に使い勝手がよく、年中使えます。ただ、便利すぎてすぐに汚れてしまうので気づいたら修理に回す必要があります。レザーのパンプスは履いていくうちに自分の足の形に馴染むので、できれば使い捨てではなくちょっとずつ修理して使っていきたいもの。その方が愛着もわきます。

2018冬のワードローブ⑩ショートブーツ(ブラック)

今年の冬もショートブーツを使用。しばらくはロングブーツよりショートブーツの人気が続くと思います。ショートブーツを選ぶときにおすすめしたいのが、雨や雪にも対応できる靴を選ぶこと。レインブーツを持つのもいいのですが、そうしていくとどんどん靴は増えていってしまうので、ショートブーツ1足で2役をまかなえるのなら一石二鳥で、モノも増えません。おすすめです。

今回手放した服や靴

できるだけ少ないモノのなかで生活したいなと思いながらも、今年一年で結構服を買っていたので、棚卸しをしました。 「1つ買ったら1つ手放す」 この考え方はこちらで詳しく。女性ミニマリスト絶賛!"服を買うなら、捨てなさい"から実践できるポイントを抜き出しました これを意識していたら、いつのまにかモノに溢れて溺れていたということも避けられるはず。こう思っていたのに、気づいたらなんかちょっと服が多い…。年末ということもあり、ちょっと手放してすっきりできたので共有します。みなさまの捨てる基準として参考にしてください。 今回手放した服や靴は
  • 切り替えワンピース(劣化)
  • 大判ストール(劣化→買い直し)
  • グレージュのパンプス(劣化)
  • MA-1ジャケット(年齢的に)
  • リバーシブルスカート(着にくかった)
  • ジャケット(汚れ)
秋冬のフォーマルな服装として切り替えワンピースを持っていたのですが、白のタートル+グレーのニットスカートでフォーマルな要素は満たせるかなと思い手放すことに。 GUのグレージュのパンプスは1年ほど使い倒し、ぼろぼろになったので。もともとの値段が安いので、修理するよりも買い直す方がよいかということで。 あとは劣化や汚れがあったので手版しました。大判ストールは私にとって必須なので似たようなものを買い直し。またもうそろそろアラフォーなので服装も落ち着くべきで、もう今後出番はないかと思い、良品ではありましたが手放しました。 MA-1とスカート、ジャケット、ワンピースをリサイクルショップに出し、トータル300円でした。

いつのまにか服は増えてる!年末の見直しは必須

冬のワードローブをご紹介しました。今回、あらためてワードローブを考えてみましたが、意外ともう着ることの無い服が溜まっていることに気づきました。やはり年末の見直しは必須かもしれません。大掃除のついでに、クローゼットの中を整理してみてはいかがでしょうか?