整理術

もういらなくなった服や靴の手放し方5つ|メリットデメリットまとめ

laundry-405878_640

自分の納得できる方法が1番正しい

 

服を整理していくと、大量に手放すべき服がでてきます。そんなときのために、服の手放し方5つをご紹介。いろいろな方法がありますが、一番は自分が納得できる方法というのが正しいです。無理せず手放せる方法を選んでください。

いらなくなった服・靴の手放し方

ここで、服・靴をどうやって手放すかについてご紹介します。もういらなくなったとはいえ、これまで大切に着てきた服を手放すのは、とても勇気がいることです。自分が一番納得できる最善の方法を選んでいきましょう。

1、ネットオークション

○ とても高く売れる

× 出品に手間がかかる

ヤフオク、メルカリ、アマゾンなどのネットショップに出品する方法です。持っている服や靴の状態がよく、ブランドものなどで高く値がつきそうなものは、こちらの方法で手放すことをおすすめします。

デメリットとしては、出品料がかかったり、包装、梱包、発送などの手間が必要なこと、購入者とのトラブルが起きたときの対処などの手間がかかることがあげられます。手間をかけたとしても高く売れるとき、少しでも高く売りたいときはネットオークションを選びましょう。

また売れるまでは、こちらで管理しなければいけないので、すぐにでも手放したい!という人には不向きです。

2、フリーマーケット

○ 高く売れる

× 地代・参加代・時間が必要

地域のフリーマーケット、バザーなどが開催されている場合はそこに出品するということも一つの方法です。人に渡すことになるので状態がよいものを出品するようにしましょう。交渉次第では高く売れることがあります。ネットショップと違い取引する相手の顔が見えるので、犯罪のようなことには巻き込まれにくいことは確かです。

デメリットは土地代や参加費が必要になることと、フリーマーケットを開催している日はずっと店番をする必要があり時間が必要なことです。参加費をまかなえるくらいの売り上げになる、と見込めるときにこの方法はおすすめです。また参加費や店番を分担できるのでグループでの参加がおすすめです。

3、リサイクルショップ

○ 手間がほとんどかからない

× あまり高く売れない

一番簡単にものを売れる方法がリサイクルショップです。できるだけ状態がよいものの方が高く売れますが、それでもネットオークションやフリーマーケットに比べるとびっくりするくらいかなり安くなります。ほとんどお金にはならないと思った方がいいです。

時間がなく、とりあえず売れればいい手放すことができればいい、という人にはこの方法をおすすめします。リサイクルショップによっても買い取りの単価が異なりますので、高く売りたいようであればできるだけ状態をよくしておくことが大切です。シミをとったり、しわをのばしたりしてみましょう。

4、知人にあげる

○ 手助けになる

× 損得は考えないこと

とくに損得は考えておらずただ単に手放したいという方は親せきや知人に声をかけてみるのも一つの方法です。人の助けになったと思えば、もったいないという気持ちも晴れるはずです。

このときも人に渡るものなので、失礼のないように状態のいいものを渡しましょう。相手が「少しぐらい状態の悪いものでも気にしない」と言ってくれていても、クリーニングにだしたり、ほつれを直したり、良い状態で渡せるように配慮しましょう。

5、捨てる

これまでご紹介した方法で手放すことができないような状態の悪いものや、売れるかは気にしないという方は捨ててしまいましょう。服はほとんどは燃えるゴミで出せると思いますが、金具がついていたり、靴を捨てるという場合は自治体のごみ捨て方法に従って捨ててください。

最後は思いきりが必要

服を手放すことって精神的にかなりの負担になるものです。最後に手放すさいは、ある程度の思いきりも必要。しっかりと自分自身と向き合った上で、服を手放していきましょう。