格安スマホに移行せずにSoftbank+iPhoneのまま4000円コストダウンした方法

phone-602973_640 その他Tips
softbankユーザーでiPhoneの人はぜひ!   格安スマホに移行する人がどんどん増えていっています。そんななか、3大キャリアのうちソフトバンクユーザーだけが歯がゆい想いをしているのではないでしょうか?今回はSoftbankユーザーかつiPhoneユーザーの方に向けて、格安スマホに移行しないままスマホ代を4000円コストダウンした方法をご紹介します。

今回の記事が参考になる人

まず、格安スマホについてはたくさんのサイトがわかりやすく説明しているのでそちらをご覧ください! 今回の記事が参考になる人はこちら。
  • 格安スマホに移行を検討している
  • ソフトバンクユーザーかつiPhoneユーザー
  • 今使っているiPhoneをそのまま使いたい
  • ポケットwi-fiを携帯している
という人です。

3大キャリアから格安スマホに移行するとき知っておきたいこと

格安スマホに移行するとき知っておきたいことをまとめました。
  • 解約月の解約でない場合、解約料として1万円がかかる
  • iPhone6以前のiPhoneにはSIMロックがかかっている
  • 電話番号をそのまま使うときは、転出と転入として手数料が5000円かかる
普通に格安スマホに移行しようと思ったら約15000円がかかります。 ただ、格安スマホに移行してしまえば月に4000円ほどのコストダウンはできるので3、4ヶ月も使っていればすぐに元が取れる計算になります。

3大キャリアのうちソフトバンクだけあるデメリット

格安スマホに移行を検討していると、立ちはだかる壁がSIMロックの解除です。 格安スマホのなかでも大手の会社のほとんどが、ドコモの回線を使っています。そのためドコモユーザーならSIMロックを解除せずにそのまま移行ができます。 ですが、ソフトバンクユーザーはそのままでは格安スマホに移行することができません。 ソフトバンクユーザーが格安スマホに移行するためには
  1. iPhoneを手放し、新たに格安スマホの会社のスマホを契約する
  2. iPhoneを手放し、新たにSIMフリーの iPhoneを買う
  3. iPhoneを手放し、新たにドコモ回線のiPhoneを買う
  4. 今のiPhoneのSIMロックを無理矢理解除する(オススメしません)
これらしか方法がありません。このうちの4の方法についてはとても不安定で、不確実らしいです。できないことはないらしいですが、今回は説明を省きます。

1、iPhoneを手放し、新たに格安スマホの会社のスマホを契約する

今使っているiPhoneを中古で売り、新たに格安スマホ会社が提供するスマホを契約する方法。 この方法が一番コストがかかりません。 iPhoneは5sくらいだったら状態にもよりますが5000円くらいで買い取ってもらえるので、移行するときの手数料は1万円くらいになり実質の負担は1番軽いです。機種にこだわりがない人はこの方法が一番おすすめです。

2、iPhoneを手放し、新たにSIMフリーの iPhone(新品)を買う

ソフトバンクのiPhoneはSIMがロックされているため、そのまま格安スマホのSIMを入れ替えて使うことはできません。 そのため、SIMフリーのiPhoneを手に入れる必要があります。 iPhone7(新作)だとアップルストアで7万円くらいで買えます。

3、iPhoneを手放し、新たにドコモ回線のiPhone(中古)を買う

格安スマホはだいたいドコモの回線を使っているので、ドコモ回線のiPhoneならSIMロック解除が必要ありません。 ドコモ回線のiPhone5sは中古だと25000円くらいで購入できます。 iPhoneのまま格安スマホに移行するならこの方法が一番現実的です。

結局、格安スマホはお得なのか?

ここまでみてきた方法だと格安スマホに移行するために15000円プラス機種代がかかります。 ソフトバンクiPhoneを5000円で売り、ドコモiPhoneを入手したとしてかかる費用は iPhone買い取り  +5000円 ドコモiPhone購入 25000円 解約手続き代  15000円 全部で、35000円かかります。月に4000円削減できたとして元が取れるまでに、 35000円÷4000円=8.75ヶ月 つまり約9ヶ月程度かかります。9ヶ月後からはお得になっていく計算です。

SoftbankでiPhoneのままコストダウンする方法

格安スマホに移行せず、かつ今の使用状況を変えず、コストだけを減らす方法です。

ちなみに現在の使用状況はこちら

  • 月に7G〜10Gは使っている状況
  • 通話はほとんどしない(ほぼライン、ライン通話で済む)
  • ラインが使えない人と電話することがたびたびある
  • ポケットwi-fiがあり、PC仕事なので外出時もほぼ携帯している

契約内容はこちら

基本料 980円 通話料 1500円(月に30〜40分ほど。各回は10分に満たない) パケットし放題フラット 5700円 ベーシックパック 300円 保証パック 500円 合計 8980円 こんな感じで約9000円がかかっていました。ネットはほとんどwi-fiで間に合っているのにネット通信に6000円弱も支払っているという無駄すぎる状況。 基本料とは別に通話料がかかっていて、格安スマホなら月に600円くらいで通話し放題なのに、きっちり通話した時間分通話題がかかっているという無駄状況。 ベーシックパックは外せないプランらしく、保証もなにかあったときに困るので外せない。 こんな状況でした。 ソフトバンクに行ってプランを見直せないか相談することに。

ソフトバンクで月に5000円のプランがある

ポケットwi-fiを常に携帯しているので、モバイル通信がほとんど要らなかったのですが今まではデータ通信に6000円費やしていました。ほんとうに無駄です。 店員さんに相談すると、今の状況に見合うプランを教えてくれました。それがこちら。 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-10-30-19-42-27%ef%bc%891 引用:ソフトバンク スマ放題ライト このスマ放題ライトというプランです。ギガモンスター20GBの方が強くアピールされているので気づかなかったのですが、データ定額ミニ1GBプランというものがあります。 このプランにすると ウェブ使用量  300円通話定額ライト基本料 2年契約 1700円 データ定額ミニ1GB 2900円 合計 4900円 月5,000円にまで抑えることができるんです。 これまで同じ使用状況で9000円払っていたので約4000円のコストダウン。 しかもこのプランだと5分間通話し放題なんです。5分以内なら通話料で追加で料金が発生することはないです。 また500円で保険も付けられます。 ちなみに、月に5,000円だせば、格安スマホなら10GBで通話し放題、保険もつけたりとフルボリュームでの契約ができます。 ソフトバンクでデータ定額を外すことはできないらしく、iPhoneでコストを抑えようとするとこれが精一杯でした。

モバイル通信が必要なとき

基本的にwi-fiで生活しているのでネット環境にこまることはありません。 それでもときどきモバイル通信が必要になることがあります。 それはソフトバンクからのメールを受け取るとき。 スーパーフライデーのメールなんかはキャリアのモバイル通信回線で配信されるので、このメールを受け取るときに一時的にモバイル通信をオンにしなければなりません。 ただ、困ったのはこれくらいで、モバイルデータ通信は月に1GBも使っていません。wi-fiなしだと8〜10GBくらいは使っていると思います。

まとめ

ソフトバンクでiPhoneのまま、コストを抑える方法でした。 ポケットwi-fiを持っている人なら、モバイル通信で料金が発生するのはほんとうに無駄です。もし同じ状況の人はぜひこのプランに変更してみてはいかがでしょうか?ぜひご参考にしてみてください。