お洋服の整理術

これで服を捨てられる!服を整理するときに必要なたった1つの考え方

old-letters-1082299_640

今必要な服だけを持つべき

 

「服が多すぎるから減らしたい」「服をもっと少なくしたい」と思っているものの、いざ服を捨てようとすると捨てることができない人は多いです。こういった人たちに共通しているのは「いつか着られるかも」「前はよく着ていたしな」という気持ち。じつはここが一番ネックです。なぜなら今にフォーカスできていないから。詳しく説明します。

服が多い人はじつはそのうちの2割くらいしか着てない

服を買うことはあまりハードルが高くありません。セール時はとくに2000円ほどで手に入ってしまうので、ストレスの発散として服を買い込む人も多いです。通常の値段とセール時の値段に幅があるのでお得感がとくに強く、買い物欲をとてもよく満たしてくれます。

そして服はとても身近な存在。「何枚あっても困ることはない」と、ついつい買いすぎるのです。

ですが、家のスペースも収納スペースも限られているので、買った分家から出さないといけません。この点を軽視してはいないでしょうか?入れたら出す。そうでなければ溜まっていく一方です。

そしてなにを持っているのかを把握できなくなり、同じような服を買ったり、コーデがワンパターンになったりします。服が多い人ほど、そのうちの2割くらいしか活用できていません。

服を整理するときは「今」にフォーカスすべき

服を手放すときのポイントは、強烈に「今」の自分にフォーカスすることです。

体型も変化し、似合うスタイルもどんどん変化していきます。服はとくに「今、この瞬間」が非常に大切です。あなたのクローゼットに、「今」着られる服はどれくらいあるでしょうか?

以前は気に入っていたそのデザインを、今のあなたは好きですか?本当に?自分の気持ちを偽ることなく、正直に自分に耳を傾けてみてください。

「昔」や「いつか」でものごとを考えるのはやめよう

  • 昔、デザインが好きでよく着ていた服
  • 以前はぴったりだった服、いつか着られるかな
  • 今度、こういうシーンがあったら着よう

こんな風に、昔やいつかを基準に服をとってはいないでしょうか?服はとくに「今」のあなたに似合うかどうかを基準として考えるべきです。

その服がいかに昔よく着ていた服であろうと、いつか着られるかもしれない服だろうと、今のあなたに必要でない服はおそらく今後も出番はありません。

「トレンドはリバイバルし、十数年ごとに繰り返す」なんて言われることがありますが、それも少しずつアップデートされているので昔着ていた服はやはり、同じようなトレンドが再来したとしても昔っぽさが抜けません。昔着ていた服はもう着ることはないし、いつか着れそうな服も着ることはないと思ってください。

とっておくべき服はシンプルな服と思い出の服

ただ、そうは言ってもとっておくといい服というのもあります。

それはシンプルな服思い出の服

シンプルな服は具体的に言うと、トレンドに左右されずシルエットに特徴がないものです。こういった服は使いやすいので何年経っても着られることがあります。古くてもほつれやシミがないようであれば十分とっておく価値があります。

もう一つは、思い出の服。

大好きな人にプレゼントしてもらった服や人生で大切な日に着ていた服など、その服に自分の強い思い入れがある服はぜひとっておいてください。服としての用途がなくても、持っているだけで自分の心が癒されたり、安心したりするならば、それはとっておくべき服です。

逆に言うと、断捨離やミニマリストを目指そうとして、こういった思い出の服も手放してしまうと、その後心の中にしこりのようなものが残り、捨てることに対し抵抗感や警戒心を持ってしまうことがあります。今の自分の気持ちを大事にし、決して無理はしないようにしてください。

強烈に「今」に焦点を合わせると生活も向上する

日々を充実させ、楽しむコツは強烈に「今」に焦点を合わせることです。

みなさんは日常のふとした瞬間に、今日起きた気になることをぐるぐると考えたり、これから起こるかもしれないことについてひたすら考えを巡らせることはありませんか?わたしたちは今この瞬間を生きているのに、その瞬間に目を伏せて過去や未来に考えや視点をあわせてしまいがちです。

大事なのは今この瞬間。感じている空気や聞こえている音や食べている食事や一緒にいる人との会話や空間です。

ミニマリストが幸福感にあふれているように見えるのは、無駄を排除し、今あるものに強烈にフォーカスしているから。

それはなにもものを減らさずとも可能なことですが、モノを捨てるという取捨選択を繰り返すことによって、自分自身に「今」を意識づけることができるんです。モノに対するたびに、今の自分に必要か?今の自分はこれを必要としているか?という問いを繰り返すので、「今」にフォーカスしようとする姿勢ができていくということです。

服というのは、いろんなカテゴリのモノの中で1番精神的な負担なく整理ができるカテゴリーです。今この瞬間の自分や自分の気持ちを大切にし優先することは、日々を丁寧に生き幸福感を感じるために必要なこと。まずは服を整理することであなたの「今」に焦点を合わせてみませんか?