働き方

未経験からウェブライターになるには?しっかりと稼げるまでに必要だったもの

laptop-2443049_640

ウェブライターになるには?

パソコン1台あればどこでも仕事ができるウェブライター。時間や場所にとらわれない自由度の高さから人気の仕事ですが、そんなウェブライターになるには?という疑問を持つ人も多いはず。今回は未経験からウェブライターになって稼ぐまでに必要だったものをご紹介していこうと思います。

ウェブ媒体で文章を書いて欲しいという要望はかなり多いので、案件自体は溢れかえっています。特別なスキルも不要なので、手軽に始められるお仕事です。「ウェブライターをやりたいけど、どうしたらいいんだ!」という人に向けて書きました。

未経験からウェブライターになるためには実績作りから

未経験からウェブライターになるためには、まずは実績をつくることから。小さな案件から取り組み、相手に「ほかの案件もやってもらおうかな?」と思ってもらうようになると理想です。

1、クラウドソーシングでライティング案件に応募する

まずはクラウドソーシングで好きな案件に応募してみてください。クラウドソーシングのメリット、デメリットはこちら。

メリット:未経験者でもチャレンジできる

デメリット:報酬が低い、執筆者として扱われることは稀

初心者ウェブライターの相場は1文字0.5円〜0.3円

紙媒体でフリーライターをやっている方は1案件インタビュー込みで1万〜2万円の単価だそうですが、ウェブライティングは間口が広い分、報酬はめちゃくちゃ安く、1文字05円〜0.3円くらいが普通です。案件としては2000文字書いて800円〜1,000円ほど。

最初は労力に対して報酬が見合わないと思うかもしれませんが、未経験者に執筆をさせてくれる媒体はなかなかないのでこういったところで実績を積んでいくのが一番の近道だと思います。

デメリットとしては、納品物はクライアントのもとできれいに修正されてから公開されるのが通常なので、自分が執筆したものがどのように公開されているのかを把握できないことです。納品物のポートフォリオを作ることができないことが難点です。

有名なクラウドソーシングはこちらから▼

ランサーズ …クラウドソーシングの先駆け。日本最大級の案件がある。

クラウドワークス …わかりやすく使いやすいクラウドソーシングサイト。日本最大級の規模。

シュフティ …主婦のためのクラウドソーシングサイト。副業として取り組みたい人におすすめ。

2、募集している媒体に応募する

ライティングに慣れてきたら、各企業やサイトが募集している案件に直接応募することもおすすめです。もしあなたが好きなメディアや媒体があれば、ライターを募集していないかをチェックしてみてください。

直接問い合わせると、先方から

  • ライティング歴
  • これまでの実績
  • 稼働できる時間
  • おおよその納品数量
  • テストライティング

などを求められると思います。とくに、どれだけの量を納品できるのかというのはスピード感のあるウェブライティングにおいて重要な指標になると思うので「1日にどのくらいの文字数を書けたのか」というのは実績として説明できるといいと思います。

3、知人に案件を紹介してもらう

もし知人にライターやメディアを運営している人がいれば、そういった人に案件を紹介してもらうのも1つの手です。あなたの人柄を知っている人に仕事ぶりを評価してもらうことができれば、次の仕事にも繋がりやすいはずです。

ウェブライターになるために資格は必要?

ウェブライターになるために資格は必要ありません。

「ウェブライターです」と名乗ったら、それでウェブライターになれます。特別なスキルも必要なく、基礎的な国語力があって、書くことが好きな人なら誰でもなれるのがウェブライターです。実際、知人のウェブライターさんで資格を持っている人はいません。

資格があれば仕事がもらえるわけではないものの、資格取得により知識が増えたり、自信がついたりすることもあるので自己投資してみるのもいいかもしれません。

ウェブライターになるための必要なスキル

ライティングの知識

ウェブライティングは、紙媒体よりはゆるいのですがそもそものライティングの知識は持っておくべきだと思います。

書くことが好きで、スラスラと文章が浮かんでくる!という人でも、意外と基本的なところが間違っていたり、見落としていたりということがあるので、あらためて勉強してみると「そうだったのか!」という発見があると思います。

現在活躍しているウェブライターさんもおすすめしていたのがこちらの「文章力の基本」という本。おさらいにもなるので1冊持っておくといいと思います。▼

ウェブライティングの知識

紙媒体と違い、ウェブは膨大な情報の中からユーザーに読んでもらわなければいけないので、タイトルの付け方や文章の書き方、見出しの付け方などに工夫が要ります。

そういったウェブライティングならではの知識もウェブライターになるうえで必要な知識です。

ウェブライターの収入は?副業にぴったり

ウェブライターの収入は、本当にピンからキリまで。

月収1万という人もいれば、トップライターは月に40万ほどの収入を得ている人もいます。

副業として、あるいはおこづかい程度に、ということであればウェブライティングで月に3万〜5万を稼ぐのはそんなに難しいことではありません。

実積を重ねていき高単価の案件をもらえるようになると、月収15万くらいを得ることも可能で、ちょっといいアルバイトくらいの収入になります。

※クラウドソーシングは給与ではなく、業務委託での報酬になるので、しっかり稼ぐ場合は確定申告が必要です。

ただ、専業としてウェブライターをやりたいという場合は+αのスキルがあるといいと思います。

「稼ぐ」ウェブライターになるために【+αのスキル】

職業としてウェブライターをやっていくためにあるといいのが、+αのスキル。以下では「書くことにプラスしてこんなことができるといい!」というものをご紹介していきます。

WordPressなどのCMS入稿についての知識

CMSとはコンテンツ管理システム(Content Management System)の略。サイトやホームページを作るためもので、これを使えばプログラミングの知識がなくてもウェブサイトが作れます。有料のものや無料のものがありますが、なかでもWordPress(ワードプレス)というCMSはとても有名で多くの企業や個人が採用しています。

ウェブライティングの案件の中には「CMSに直接入稿してください」というものもあるため、CMSを使えるようになっておくと受けられる案件の幅が広がります。

専門的な知識や分野

ライターをやっていくうえで、「なんでも書けます!」という人よりは、「他の人には書けないこの分野が得意です!」という専門的な知識がある人の方が優位です。

  • 金融
  • 医療
  • ガジェット
  • エンタメ
  • 漫画
  • 音楽

などなにか得意なジャンルや詳しいジャンルを持っておくことをおすすめします。日頃から情報収集しておくといいかもしれません。

とくに、医療は専門的な知識が必要で薬事法への理解も必要なので高単価の案件が多い分野です。これまで医療系に従事していた人などは、この分野に特化してライティングをするというのもいいかもしれません。

SEOに関する知識

SEOとは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のこと。ウェブサイトを構築するうえでSEOを考慮する必要はありますが、ライティングとしてもSEOを意識した記事が書けるかどうかというのは、クライアントにとって魅力になり得ます。

SEOってなに?という人は学んでみると面白い発見があるはずです。

ウェブライターになるためには実践から

ウェブライターは特別な資格も必要なく誰でもなれるので、未経験者に優しい分野と言えるかもしれません。小さな案件から始めて、しっかりと納期を守って、クライアントと良好な関係を作り、スキルアップしていくのみ。まずは気軽に案件に応募してみてください!